TouchMethod

TouchMethod 2.2

入門用にも検定対策にも 本格的なタイピング特訓ソフト

TouchMethodは、長文入力の特訓ができる本格的なタッチタイピング練習ソフトです。膨大な数のレッスンをこなすことで、キーボードを見ないで長文を入力できるようになることを目指します。初心者用のレッスンは、キーボードのキー配置を覚えるところから始まります。上級者用のレッスンになると『ソクラテスの弁明』などの、内容も高度な長文に挑戦します。学校の教材や日本ワープロ検定の対策としても使える、実用的なタイピング練習ソフトです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 真面目にタイピングを特訓できる
  • 小説を読む感覚でタイピングの練習ができる
  • 学校の教材としても使えるように配慮されている

反対票

  • 遊びの要素はあまりない

とても良い
8

TouchMethodは、長文入力の特訓ができる本格的なタッチタイピング練習ソフトです。膨大な数のレッスンをこなすことで、キーボードを見ないで長文を入力できるようになることを目指します。初心者用のレッスンは、キーボードのキー配置を覚えるところから始まります。上級者用のレッスンになると『ソクラテスの弁明』などの、内容も高度な長文に挑戦します。学校の教材や日本ワープロ検定の対策としても使える、実用的なタイピング練習ソフトです。

ソフトウェアを起動したら、ユーザー登録を行ってレッスンを選びましょう。レッスン画面には、キーボードの絵が大きく表示され、その上に入力するテキストが表示されます。慣れるまでは、画面内のキーボードでキーの位置を確認しながら入力するといいでしょう。初級レベルでは、キーの場所がわかりやすいよう、該当キーが赤い色に変わります。全ての文字の入力が終わると、タイピングスピードやミスの回数などを教えてくれます。

レベルが上がると、入力テキストは有名な童謡や小説になり、本を読む感覚で進められるようになります。また、日本語の単語を英訳して答えるなど、英語の学習 などにも使えるレッスンもあります。また、レッスンを重ねると「経験値」という数値が貯まり、一定値を満たすと、もぐらたたきのようなお遊びモードを楽しめます。

TouchMethodは実用目的に徹しており、他のタイピング練習ソフトと比べると「遊び」の要素は少なめです。一方、学校の教材として使いやすいように配慮されています。例えば、複数のユーザーが1つのソフトウェアを共有し、個々に練習履歴や成績を見ることができます。気軽に楽しく学びたいという人は根を上げてしまうかもしれませんが、真面目に特訓したい人にはお勧めのソフトウェアです。

— 教育 —

TouchMethod

ダウンロード

TouchMethod 2.2